キャッシングを利用できない理由に増加中、携帯電話の未払い?

キャッシングの審査で若い世代の人の審査落ちなどが増加しているそうです。この理由に、携帯電話などの未払いが関係していると言われています。信用情報という審査で重要な判断材料となるものにも関係しているそうです。


キャッシング審査で使う信用情報

キャッシングでは即日審査やおまとめローンなどあらゆる商品の利用前に審査の通過が条件となりますが、この審査では信用情報という個人情報の開示を求められます。過去のお金をどう借りて、きちんと返済してきたかという情報で、遅延があればその情報もすべて掲載されているものです。携帯電話などでも、機種代金を割賦払いにして割引などを適用していることから、料金を滞納する、支払わないなどの事故があると記録として残ってしまうのです。


情報に傷があると審査に通りにくく

信用情報では、過去半年や一年間の間に、このような未払いや大幅な返済の遅延があると、審査で落ちてしまう可能性が高くなると考えられているそうです。この情報は過去5年に渡って、会社も確認することができます。また自己破産などの場合、10年間、情報が残る仕組みとなっているそうです。普段から支払い管理を行うことが大切ということかもしれません。

Comments are closed.