ギャンブルとキャッシングは相性×

ギャンブルとキャッシングは、この世でもっとも組み合わせてはいけない2つです。
負け分を一時的に補う程度の目的でお金を借りるのならまだ良いですが、それが一時的ではなく慢性的になっている場合があります。
また、キャッシングしたお金をギャンブルで2倍にして返すというのも、夢はありますが計画性がないので今すぐやめるべきです。
いくつかの参考にしながらご説明いたします。


キャッシングとギャンブルの負のスパイラル

例えば、麻雀で稼ごうと考えたHさんがいるとします。
彼は、即日審査に対応しているキャッシング会社から10万円を借りて、15万円にするつもりで雀荘に行きました。
5万円増やすくらいなら、と思うかもしれませんが、とてつもなく難しいです。
点ピンの雀荘に行ったとします。
1回の1着で5,000円稼ぐことができるのなら、10回1着で5万円です。
ただし現実はそう甘くはないので、1着をとれば2着や3着、4着だってとることもあるでしょう。
さらに、場代が取られてしまうのでマイナスになりやすいギャンブルなのです。
しかも、賭博麻雀は禁止されています。


その他のギャンブルも収入源になるとは言いがたい

他にも、パチンコ、スロット、競馬、競艇、競輪、カジノ、ポーカー、宝くじ…この世にはありとあらゆるギャンブルがありますが、どれも元金から増やせるようなものはありません。
そもそも、キャッシングは毎月一定した収入があるから利用できるのであって、生活費を補うような使い方は向いていません。
どちらも生活費を別で確保した上で行うべきものである、ということを肝に銘じておいてください。

Comments are closed.