キャッシングを利用できない理由に増加中、携帯電話の未払い?

キャッシングの審査で若い世代の人の審査落ちなどが増加しているそうです。この理由に、携帯電話などの未払いが関係していると言われています。信用情報という審査で重要な判断材料となるものにも関係しているそうです。


キャッシング審査で使う信用情報

キャッシングでは即日審査やおまとめローンなどあらゆる商品の利用前に審査の通過が条件となりますが、この審査では信用情報という個人情報の開示を求められます。過去のお金をどう借りて、きちんと返済してきたかという情報で、遅延があればその情報もすべて掲載されているものです。携帯電話などでも、機種代金を割賦払いにして割引などを適用していることから、料金を滞納する、支払わないなどの事故があると記録として残ってしまうのです。


情報に傷があると審査に通りにくく

信用情報では、過去半年や一年間の間に、このような未払いや大幅な返済の遅延があると、審査で落ちてしまう可能性が高くなると考えられているそうです。この情報は過去5年に渡って、会社も確認することができます。また自己破産などの場合、10年間、情報が残る仕組みとなっているそうです。普段から支払い管理を行うことが大切ということかもしれません。

キャッシングを安全に使いたい

キャッシングというと即日審査などのイメージから簡単にお金を貸してくれる、危ない会社が多いから使ったらいけないなどと思ってしまう人も、いるかもしれませんが、今は非常に安全に、法律を守って貸金を行っている会社がほとんどといわれています。


危険なキャッシングをグレーゾーン金融という

法律では、決められた金利以上に利息を請求することや、信用情報などを元に審査を行うこと、脅迫など法律違反となる取り立ては禁止しています。090金融や、グレーゾーン金融などと呼ばれるところなどは国も取り締まりを厳しく行っているそうです。テレビでコマーシャルをしているところや、消費者金融、銀行などの行うキャッシングはきちんと法律を守っているので、安心して利用していいそうです。


万が一、法律に違反している会社なら相談を

まず、審査などのないところでお金を借りないということが最優先になりますが、利用していておかしいなと思ったり、違法に取り立てにあってしまったりしたら、すぐに消費者センターや弁護士、警察などに相談をしましょう。また過去に利息を支払い過ぎていた場合、完済から10年間さかのぼって、支払い過ぎた金利を返金してもらえますから、司法書士や弁護士を活用しましょう。

キャッシング審査に自信がない人はどこを使う?

キャッシングを商品として扱う会社がどんどん広がっていると言われています。昔は消費者金融などと呼ばれる会社かクレジットカードのキャッシング枠と思われていましたが、今は銀行なども少額ローンを銀行系カードローンという商品名などで提供しています。


キャッシング審査が厳しいのは銀行?

お金を借りると利息、金利と呼ばれるお金を返済時に負担します。これは会社に支払う手数料のようなものですが、即日審査など同じような商品でも、会社や利息で審査の厳しさが変わるという意見もあるそうです。もちろん、利息が大きい分だけ負担が増えるのですが、利息が比較的安く設定されている銀行は、保証会社などの関係もあり、審査は消費者金融よりも厳しいと考えられているそうです。


初回特典などを利用して負担を減らそう

そこで活用したいのが、初回特典などお得にキャッシングを使うことのできる方法です。今は初めてその会社のローンを契約する人向けに、一定期間だけ利息のかからない時期を設けるなど、利用者にとって非常にお得になるサービスが増加傾向にあると言われています。消費者金融などは銀行よりも、審査がやさしいと言われることも多いそうですし、どこの金融機関でもフリーターなどでも利用できるところが多くなっているそうです。

キャッシングサービスを事業主だけど使いたい

即日審査サービスなどでは、安定した収入という条件がありますが、アルバイトなどでも利用ができるという利用者の幅の広さも大きな魅力となっているそうです。しかし、審査の対象に個人事業主などが入っていないことなどがあるそうです。


キャッシングは安定した生活をしていると有利

個人事業主の生活が安定していないというわけではありませんが、経済的な安定や安全性から判断すると、フリーランスや自営業となると、雇われている人よりも、安定性が少ないと判断するところもあるそうです。日本では高額になる住宅ローンなどでも自営業は審査が厳しくなると言われているそうですから、キャッシングサービスを自営業の人が利用する場合には、自営業の人向けの事業ローンがいいそうです。


総量規制対象からも外れる、事業に使ってもOK

このようなキャッシングは、個人の借金ではなく会社名義の借金となりますから事業に使うこともできるそうです。また貸金業法にある総量規制というのは、あくまで個人的に持っている即日審査などの借金ということになりますから、事業主ローンで借りるお金には年収に対する具体的な制限などもないというメリットがあると言われることもあるそうです。会社によって商品扱いが変わりますし、事業主でも使える個人ローンもあるそうです。

キャッシング審査はインターネットで気軽に手軽に

キャッシングには即日審査や即日振込などと呼ばれている、審査に時間をかけずにスピードを重視したサービスが多く利用されているそうです。とにかく急ぎで現金が必要になった場合にも、早ければ審査申し込みの当日に都合をつけることができるそうです。


キャッシングはネットから

キャッシングサービスを提供する多くの会社は、インターネット上からの審査受付を行って、借りる人のストレスを軽減する努力をしているそうです。お店に実際に行かなくてもいい、誰か知らない人と顔を合わせるストレスがないというのは、融資を受けるお客さんにとって非常に気持ちが楽になるという意見もあるそうです。また時間もかからないので忙しい人にもいいですよね。


ペーパーレスサービスも増加中

会社によっては、契約書や利用明細など、今まで郵送で行っていた書類のやり取りも、すべてインターネット上からダウンロードして管理できるようなサービスを展開しているところも増加していると言われるそうです。封筒などに社名を書かないという工夫もされているそうですが、自分のパソコンだけで管理、明細のチェックなどもできるのは、自宅に家族がいる人もプライバシー面で安心できるそうです。